和装 髪飾り・スワロフスキー入りクレマチスとローズと桜 

2013, 07. 17 (Wed) 16:59

▼新作・和装髪飾りシリーズ第3弾


振袖・式振袖・色内掛けなど、どんな髪飾りにしたらいいのかしらなどと悩んでおりませんか。

振袖の場合でしたら、柄に使われている色から選んだり、伊達衿(重ね衿)や帯の色から選ぶとよいでしょう。

全体のバランスも良く、統一感も出て全体の仕上がりがステキになります。

普段のファッションと同じです。


髪飾りとは、おろそかに出来ない最後の仕上げです・・・振袖を選ぶ時と同じように重要です。

ブライダル用語に「サムシングブルー」と言う言葉があります。
結婚式のときに、ブルーのものを身につけると幸せになれると言われています。




スワロスキー入りクレマチスとローズと桜の和装髪飾り
↑髪につけた時の雰囲気をご覧くださいませ。

スワロフスキー入りクレマチスとローズと桜の和装髪飾り
↑全体の雰囲気をご覧くださいませ。
キラキラ・ユラユラ可愛い!

ありがとうございます、売り切れました。
お客様より嬉しいコメントを頂きました。



▼髪飾りのHP・髪飾り屋 e shop style を立ち上げました。
ご購入は、こちらよりお願いいたします。
 ↑こちらの和装髪飾りを出品しました、画像をクリックすると、詳しい画像・商品価格・使用花材など詳しい商品説明をご覧ください。

ご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。






パープルからピンクへホワイトへのグラデーション!

本体の上の部分には、メインのお花、大輪のスワロフスキー入りクレマチスです。
下の部分には、パープルのラメ入りデルフィニュームです。

動くたびにキラキラとスワロフスキーとラメが輝き、ゴージャスで愛らしい雰囲気です。




■和装式髪飾りの作り方を簡単に紹介します。

・ウエディングブーケの基本スタイルである、キャスケード型をアレンジしてデザインをしました。

・キャスケード型とは、滝の流れを表現したスタイルです。

・サイドから見ると、全体の流れが優美です。

・こちらの髪飾りは、花にワイヤー(専用の針金)を添え、ペーパーテープ(専門用語ではフローラルテープ)を1本1本巻いていきます。これをテーピングといいます。

・私はとても不器用だったため、できるようになるまで大変でした。

・作り方は、中心(専門用語でフォーカルポイントといいます)の高さを決めます。

・その周りに、前後・左右に花を組み入れます。

・デルフィニュームで流れを作ります(専門用語でガーランドと言います)

・長さを決めデルフィニュームを一輪一輪組み入れます。

・本体の取り付けます。

・横から見て流れが綺麗に出ていればOKです。

・全体の雰囲気を見て、花を足しいれていきます。

・デザインの特徴は、本体(上の部分)の両サイドの別々の花の花を使っています。

・見る角度によって、違った雰囲気をお楽しみくださいませ。

・飾りのパールビーズを1連取り付けます。

・流れのパールビーズを2連組み入れます。

・最後に、髪飾りコームを取り付けます。



他にもウエディング髪飾り成人式・和装髪飾りウエディング髪飾り(カチューシャ・花冠・ティアラ)七五三髪飾りコサージュ、リストブーケなどもございますので、クリックしてご覧くださいませ。 おためしピンク


人気blogランキングに参加しました。クリックしてね。アップロードファイル 

FC2ブログランキングに参加しました。クリックしてね。スヌーピー 

0 Comments

Leave a comment