ウエディング リストブーケ・ブートニアの2点セットです。 

2012, 04. 24 (Tue) 22:39

▼新作・ウエディングリストブーケシリーズ第1弾・ラメ入りオフホワイトガーベラとローズ


■4月・5月・6月と結婚式シーズンです。
■幸せのベルがどこからともなく聞こえてきます。

■日本人はバラのお花が大好きです。
■でも、ガーベラも負けてはいません。
■ガーベラを是非結婚式が使いたいと言う新郎新婦も大勢います。
■それくらいガーベラも結婚式では人気です。

■こんな意見もよく聞かれます。
■結婚式には、やっぱり生花がいいと・・・

■しかし、アートフラワー(造花)のブーケを購入頂きましたお客様からはゴージャスでボリュームもあり、お花も生花に負けないくらいステキで大満足していますというお言葉を頂いております。
■現在のアートフラワー(造花)は、生花と変わらないほど素晴らしいお花がたくさんあります。

■持ち運びも簡単です。
■取り扱いも簡単です。


ラメ入りオフホワイトガーベラのウエディングリストブーケ
↑つけた時の雰囲気をご覧くださいませ。

ラメ入りオフホワイトガーベラのウエディングリストブーケ
↑全体の雰囲気をご覧くださいませ。


▼髪飾りのHP・髪飾り屋 e shop style を立ち上げました。
ご購入は、こちらよりお願いいたします。
 ↑こちらのリストブーケを出品しました、画像をクリックすると、詳しい画像・商品価格・使用花材など詳しい商品説明をご覧ください。

ご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。




ますます・リストブーケが人気です!!


■ウエディングリストブーケの大きさは?
・リストブーケ(最大幅)13cm×(長さ)・内系(腕につけるところの内側のサイズ))31cm、外系(ブーケの外側のサイズ)50cm×(高さ)6cm・・・・花から花までのリストブーケ全体のサイズです。





■ウエディングリストブーケの作り方を簡単に紹介します。

花にワイヤー(専用の針金のことです)を添え、1本1本ペーパテープ(専門用語でフローラルテープといいます)を巻いていきます。(これを専門用語でテーピングといいます)

不器用な私にはこのテーピングがなかなかうまくできませんでした。

腕の幅の長さにワイヤーをカットして、フローラルテープを巻きます。

これが土台になります。

流れ(専門用語でガーランドと言います)を作ります。

長い方の流れ・流れの長さを決めお花を一輪一輪取り付けます。

そして、短い方の流れも同じように作ります。

リース型ですので、始めに作っておいた土台に合体させます。

つないだ所にお花を取り付けて土台を見えないようにデザインをします。

流れの部分に奥行きを出すためにお花を取り付け、立体感を出します。

最後に3連の飾りを取り付けます。

マジックテープを通して出来上がりです。


他にもウエディング髪飾り成人式・和装髪飾りウエディング髪飾り(カチューシャ・花冠・ティアラ)などもございますので、クリックしてご覧くださいませ。 おためしピンク

人気blogランキングに参加しました。クリックしてね。アップロードファイル 

FC2ブログランキングに参加しました。クリックしてね。スヌーピー 












 

タグ:リストブーケ

0 Comments

Leave a comment