アンティークカラーを重ねた上品で優雅な手作りコサージュ 

2010, 04. 01 (Thu) 23:44

春の新作・コサージュシリーズ第4弾

■手作りコサージュの特徴
・ウエディングブーケを制作する方法で作っています。。
・結婚式に使用するウエディングブーケのキャスケード型をオリジナルにアレンジしてデザインしました。
・キャスケード型とは、滝の流れをイメージした、曲線が美しいデザインです。


・幾重にも重なったアンティークカラーが美しい・・・
・優美で上品なイメージです。
・サイドから見ると曲線が美しく、どこから見ても立体的です。
・ファッションのイメージがアップします。
・こちらの手作りコサージュは、当店だけのオリジナルデザインです。


コサージュ・ひとつでファッションのイメージが変わります。
他の人とは、ひときわ違う優雅な装いで、幸せな気分を味わってください。



■こだわりのコサージュをお探しの貴女にオススメします。
・一輪だけのコサージュでは物足りない貴女
・個性的でモダンなコサージュをお探しの貴女
・ほかの人よりチョッとだけ差をつけたい貴女



■手作りコサージュのおおきさ
・(最大幅)15cm×(長さ)22cm×(高さ)8cm(全体のサイズです)

・結婚式・卒業式・卒園式・入学式・入園式にお役立てください。
・手作り コサージュ 作り方を簡単に紹介しておりますので、参考にしてください。


●ヤフーオークションに出品しました。
●画像をクリックすると全体の画像と花材の説明、商品価格・商品説明をご覧いただけます。
●ヤフーオークションのIDをお持ちでない方、こちらの問い合わせフォームよりご購入可能ですのでご連絡ください。ただし、すでに入札のある場合は、オークション優先とさせていただきますのでご了承くださいませ。

auction430_1.jpg

■コサージュの作り方を簡単に紹介します。

・結婚式に花嫁が持つウエディングブーケ・キャスケードブーケ型をコサージュ用にアレンジしたものです。

・花にワイヤー(専用の針金のことです)を添え、1本1本フローラルテープ(専用のペーパーテープをいいます)を巻きつけていきます。(これを専門用語でテーピングといいます)

・不器用な私にはこのテーピングがなかなかうまくできませんでした。

・まず、中心(FP・専門用語でフォーカルポイントといいます)を決め、デザインの花の位置・美しく見える角度を決め、互いにワイヤーを交差しながら、1本1本中心でとめていきます。

・キャスケード型ですので、花と花をつなぐ作業(専門用語でガーランドといいます)をしながら作っていきます。

・つまり流れの部分です。

・流れ(ガーランド)の長さを決め、先端から花を1輪1輪フロラルテープで止めます。

・これを大・小2つ作ります。

・この流れを中心(FP・フォーカルポイント)にワイヤーで止めます。

・ラインの流れは横から見て綺麗に見えればOKです。

・此方のデザインのポイントは、長い方のの流れを中心にそえて変化をつけることです。

・短い方の流れの長さは、長い方の流れとのバランスを考えて決めていきます。

・そして、高低をつけてデザインに深みをを出します。

・飾りのパールビーズ・2連を取り付けます。

・全体をワイヤーでとめます。

・ステム・2~3cmのところでカットし、フローラルテープを巻いて出来上がりです。

・ステムにリボンを巻き上げて出来上がりです。


他にもウエディング髪飾り成人式・和装髪飾りウエディング髪飾り(カチューシャ・花冠・ティアラ)などもございますので、クリックしてご覧くださいませ。 おためしピンク

人気blogランキングに参加しました。クリックしてね。アップロードファイル 

FC2ブログランキングに参加しました。クリックしてね。スヌーピー 


0 Comments

Leave a comment