ウエディング髪飾り・胡蝶蘭とファーと羽 

2009, 07. 06 (Mon) 21:34

▼結婚式 髪飾り・春夏の新作

■胡蝶蘭とのウエディング 髪飾りです。
■ウエディングブーケのキャスケード型を髪飾りにアレンジして作りました。
■キャスケード型と言えば、滝の流れをイメージしてデザインです。
■その、滝の流れをでイメージして見ました。

■11cmもある胡蝶蘭を2パーツ使って・・・・とってもゴージャスです。
■白いでフワフワと・・・蝶がフワフワと飛び交っているイメージです。
■まるで妖精たちが舞い降りてきたようです・・・フフフ


■此方の手作り 髪飾りは、デザインに奥行きがありますので、どこから見ても立体的です。
■束ねただけの髪飾りじゃ・・・・つまらないと言っているあなた必見です。
■是非・ご覧くださいませ。

■ウエディング 髪飾りのサイズです・(最大幅)16cm×(長さ)22cm×(高さ)8cm
■結婚式・二次会・成人式・結納・ステージ用としてお役立てください。
■結婚式 髪飾り 作り方を簡単に紹介しておりますので参考にしてください。



●ヤフーオークションに出品しました。
●画像をクリックすると、商品の全体の画像と商品価格・商品説明をご覧いただけます。


胡蝶蘭とファーと羽のウエディング髪飾り 胡蝶蘭とファーと羽のウエディング髪飾り

■手作り 髪飾り 作り方を簡単に紹介します。

・ウエディングブーケ・キャスケード型を髪飾り用にアレンジしたものです。

・花にワイヤー(専用の針金のことです)を添えます。

・お花に 1本1本ペーパテープ(専門用語でフローラルテープといいます)を巻いていきます。(これを専門用語でテーピングといいます)

・不器用な私にはこのテーピングがなかなかうまくできませんでした。

・キャスケード型とは、本体(上の部分を言います)とガーランド(流れの部分をいいます)を合体させて作っていきます。

・本体の部分(上の部分)を作ります。

・中心になる花の高さを決めます(これを専門用語でフォカルポイントといいます)。

・前後・左右に花を組み込んでいきます。


・流れの部分です、花と花をつなぐ作業(専門用語でガーランドといいます)をしながら作っていきます。

・流れの土台になる長さを決めます。

・ 土台に沿って根を一枚一枚ペーパーテープで止めていきます。

・本体と流れは、全体のバランスを見ながら、本体に流れの部分を合体させます。

・軸がずれるとぐらぐらするので、しっかりワイヤーでとめます。

・全体のバランスを見て、流れの部分に羽根を加えます。

・デザインに高低をつけて羽根を取り付けます。

・全体をワイヤーでしっかり巻きつけます。

・ステムを2~3cmでカットし、ペーパーテープで巻きます。

・パールビーズ5連を飾り取り付けます。

・最後にコームをつけます。


■この度は、お買い上げいただきましてありがとうございます。
 お客様から嬉しいコメントを頂きました。

■この度は、お買い上げいただきましてありがとうございます。
 お客さまから嬉しいコメントを頂きました。



他にもウエディング 髪飾り・結婚式 髪飾り成人式 髪飾り・和装 髪飾りウエディング 花冠・手作り カチューシャ・ティアラ・帽子型などもございますので、クリックしてご覧くださいませ。 おためしピンク

人気blogランキングに参加しました。クリックしてね。アップロードファイル 

FC2ブログランキングに参加しました。クリックしてね。スヌーピー 







 

タグ:手作り髪飾り

0 Comments

Leave a comment