手作りコサージュ・桜とピンクローズ 

2009, 01. 14 (Wed) 16:17

■此方の手作りコサージュは、ウエディングブーケのキャスケード型をオリジナルにアレンジをしてデザインをし、制作しました。
■ウエディングブーケを製作する方法で作っています。
■どこから見ても立体的でボリュームもあります。
■流行に関係なく長~くご愛用いただけます。
■なぜって?
■ウエディングブーケの基本スタイルをアレンジして作っているからです。
■皆様もご存知のように、ブーケの基本スタイルは変わりません。


■桜とピンクローズの手作りコサージュです。
■桜の小花をひとつひとつ・幾重にも重ねてデザインをしました。
■奥行きと言い・ボリュームといいご満足いただけます。
■淡~いピンク系の桜ですので、白・オフ系の洋服にもご利用ください。

■コサージュのサイズ・(最大幅)14.5cm×(長さ)17.5cm
■結婚式・卒業式・入学式にお役立てください。



●ヤフーオークションに出品いたしました。
●画像をクリックすると、別の画像と商品説明をご覧いただけます。


DCP_8822_2.jpg

■手作り コサージュ 作り方を簡単に紹介します。

・結婚式に花嫁が持つウエディングブーケ・キャスケード型をコサージュ用にアレンジしたものです。

・花にワイヤー(専用の針金のことです)を添え、1本1本フローラルテープ(専用のペーパーテープをいいます)を巻きつけていきます。(これを専門用語でテーピングといいます)

・不器用な私にはこのテーピングがなかなかうまくできませんでした。

・まず、中心(FP・専門用語でフォーカルポイントといいます)を決め、デザインの花の位置・美しく見える角度を決め、互いにワイヤーを交差しながら、1本1本中心でとめていきます。

・キャスケード型ですので、花と花をつなぐ作業(専門用語でガーランドといいます)をしながら作っていきます。

・つまり流れの部分です。

・流れ(ガーランド)の長さを決め、先端から花を1輪1輪フロラルテープで止めます。

・此方のデザインでは、この流れを2本作ります。

・一つは、通常の流れとして、もう一つはデザインの一部として・・・

・今回は、ウエディングブーケキャスケード型に変化を加えてみました。

・両サイドの長さを変え、流れに動きを加えました。

・この流れを中心(FP・フォーカルポイント)にワイヤーで止めます。

・全体のライン(滝の形)になるように花を埋めていきます(高低をつけて)。

・此方のデザインのポイントは、花を幾重にも重ねて深みを出すことと全体のラインです。

・前後・左右を見てバランスよく出来上がったら、全体をワイヤーでとめます。

・ステム・2~3cmのところでカットし、フローラルテープを巻いて出来上がりです。

・パールビーズを1連作り、取り付けて豪華さをアレンジします。

・ステムにリボンを巻き上げて出来上がりです。

他にも手作り髪飾り・カチューシャ・ウエディングブーケ・リストブーケ・七五三髪飾り・手作りコサージュもございますのでご覧くださいませ。 おためしピンク

人気blogランキングに参加しました。クリックしてね。アップロードファイル 

FC2ブログランキングに参加しました。クリックしてね。スヌーピー 


タグ: ピンクローズ 手作りコサージュ